★面城鉄道ニュース★

○2017年8月31日
阪東新幹線開業効果で、当社線は今月、今年最多のご利用がありました。
これもひとえにお客様のおかげだと思っております。
厚く御礼申し上げます。
これからも面城鉄道線のご利用を心からお待ち申し上げます☆彡

○2017年8月11日
赤字を改善するために大都市を結ぶ阪東新幹線(東京〜新大阪間)が、2017年8月13日に開業します。
最速達列車は、東京〜新大阪間は1時間54分、東京〜名古屋間は1時間16分で結びます。
最高速度は、全区間で330km/hで走行いたします。

是非路線網が広がった面城鉄道を使って、レジャーだけでなくビジネスでも是非ご利用ください!!

○2017年8月10日
今現在、今月の利用者が先月の利用者より少なくなると思われるため、
古川線を全線で廃線にする可能性が出てきました。
この赤字を改善するため、需要の見込める第3の新幹線を建設する意向を固めました。
これにより岐愛線の孤立化を防止することにも寄与します。
新しい新幹線は、日本の主要都市を結ぶ路線(東京・横浜・名古屋・大阪)として開業する予定です。
開業日とダイヤは決まり次第掲載したします。
路線名は阪東新幹線(はんとうしんかんせん)となります。

○2017年8月3日
先月の利用者が先々月を下回ってしまったため、台沼線(小牛田〜柳津間)を
2017年8月4日より廃線にし、 仙台〜小牛田間も古川線として引き続き運転します。

そのため、2017年8月7日にダイヤ改正を行います。
○仙台〜塩釜間運転の列車が復活します。
○仙台〜小牛田間運転の列車を新設します(1時間に1本)。
○仙台〜岩出山間の列車の時刻を変更。

ダイヤ改正により便利になった、面城鉄道古川線のご利用を心からお待ち申し上げます。

○2017年7月21日
2017年7月22日に台沼線と古川線でダイヤ改正を実施します。
概要は以下の通りです。
○台沼線に快速を設定し仙台〜柳津間が33分で結ばれます。
○古川線で新車両による全区間時速170Km/h運転を開始し、仙台〜岩出山間を4分短縮します。
○古川線の普通列車と台沼線の普通列車が小牛田駅で快速と接続し、快速の乗車チャンスが拡大されます。
○台沼線でも古川線との供用区間では、時速170km/h運転をします。
仙台〜小牛田間は、快速列車は2分、普通列車は3分短縮となります。
○仙台駅の普通列車の発車時刻が分かりやすくなります(柳津行0分発、古川線岩出山行30分発)

ますます便利で早くなった、面城鉄道台沼線・古川線のご利用を心からお待ちしています。

○2017年7月20日
最近、最大限の投資をしているのにも関わらずにご利用者が少ないため、
業務縮小の一環として本日限りで以下の路線を廃止します。
台巻線(あおば通〜高城町)
台巻・台沼ライン(仙台〜女川)
台白線(仙台〜白石)

特に台巻線系統においては、当社線発足時からのメイン路線だったので非常に残念ですが、
廃線となります。
以降は、メインを台形線を中心とした経営に切り替えますので、どうかよろしくお願いいたします。

○2017年7月15日
2017年7月16日から、台京新幹線のインターネット予約サイト「4649」が登場します!!
ネット割引もあって、大変便利でおトクな予約サイトとなっておりますので是非ご利用ください!!

○2017年7月14日
2017年7月16日に山形県在来線2つ目の路線として、「寒河江線」が開業します!!
山形〜左沢間が最速16分で結ばれます(山形〜寒河江間は9分)
なお、グリーン車の設備は路線距離が短いため、設定しておりません。
予めご了承ください。

新規路線開業でますます便利になった面城鉄道線のご利用を心からお待ち申し上げます。

○2017年7月12日
新たな路線網拡充に伴い、おトクな切符(往復割引切符とグリーン料金券)の設定を増やします!!
また、東京⇔山形間(新幹線)がおトクになる往復切符の発売も開始しました!!

是非ともおトクな切符をご利用になり、おトクにご旅行やお出かけをしてみませんか?

○2017年7月11日
2017年7月16日に再び台形線でダイヤ改正を実施します。

概要は以下の通りです。
○特別快速を山形〜赤湯間も快速運転をし、仙台〜赤湯間が3分短縮されます。
○毎時1本の快速列車を赤湯まで延長運転します。(羽前千歳〜赤湯間各駅停車)
○快速を作並〜羽前千歳間と山形〜赤湯間の最高速度を170Km/hに向上し、
仙台〜山寺間が1分、羽前千歳〜山形間を2分それぞれ短縮します。

※車両も一新してOMR−209系からOMR−233系1000番台に変わります。
この電車のグリーン車全席にコンセントが付きます。(在来線では初!)

ますます速くて便利になった面城鉄道台形線のご利用を心からお待ちしております。

○2017年7月10日
2017年7月16日に台京新幹線・東形新幹線でダイヤ改正を実施します。

概要は次の通りです。
○はやて号の大宮〜仙台間を最高速度330Km/hで運行します。
○東京・上野・大宮⇔仙台〜盛岡間の各駅の所要時間が8分短縮されます。
○東京⇔仙台間運転のやまびこ号を1時間に2本増発して、宇都宮・郡山・福島からの乗車機会が拡大されます。
○つばさ号の停車駅を見直し、東京〜大宮⇔福島〜新庄への所要時間を3分短縮します。
○今改正でつばさ号が通過となる宇都宮・郡山からでも福島での乗換が簡単なダイヤにします。
○郡山⇔仙台間の「あおば」を下りの始発列車と上りの最終列車に設定し、
仙台〜郡山間の最終列車を29分繰り下げ、郡山〜仙台間の始発列車を47分繰り上げます。
○さらに福島⇔仙台間の「あおば」を下りの始発列車と上りの最終列車に設定し、
仙台〜福島間の最終列車を20分繰り下げ、福島〜仙台間の始発列車を30分繰り上げます。

スピードアップして所要時間が短くなって、便利になった面城鉄道台京新幹線・東形新幹線のご利用を心からお待ちしています。

○2017年7月7日
本日より岐愛線ホームに喫煙ルームを設置します。
電車の待ち時間におタバコが吸えるようになりました。
空気清浄器付きで、快適におタバコが吸えます。

あと、2017年7月11日に台形線でダイヤ改正を実施いたします。

概要は以下の通りです。
○台形線の特別快速が最高速度170キロ運転を開始し、仙台⇔愛子・作並で1分、
仙台⇔山寺・山形間が2分短縮されます。
○これにより仙台〜山形の所要時間が最短28分から26分へと時間短縮されます。
特別快速は、2017年7月11日から始発駅を山形駅から赤湯駅に変更します。
(山形〜赤湯間延伸開業)
赤湯から仙台へ乗り換えなしで行けるようになります(最速42分)
○快速を1時間に2本運転して、仙台〜山形間の快速が1時間あたり2本となりました。

ダイヤ改正でますます速くて便利になった面城鉄道台形線のご利用を心からお待ちしております。

○2017年7月6日
本日より台巻線・台沼線・古川線ホームに喫煙ルームを設置します。
電車の待ち時間におタバコが吸えるようになりました。
空気清浄器付きで、快適におタバコが吸えます。

あと、7月11日に古川線(古川〜岩出山間)が開業いたします。
なお運転本数は古川〜小牛田間と同じで、古川〜仙台間は時刻変更なしですが、
岩出山始発小牛田行(終電)と小牛田発岩出山行(初電)を運転し、
古川線内での滞在時間が拡大されます。

○2017年7月5日
2017年7月11日に台巻線(あおば通〜高城町)でダイヤ改正を実施します。
概要は以下の通りとなります。

○台巻線(あおば通〜高城町)に快速が復活します(1時間に4本)
※台巻台沼ライン開業前より優等列車が1本増えます。(以前は3本)
○普通列車2本を快速とし速達性を向上させます。
○普通列車は、全列車があおば通〜多賀城間の運転となります。
○快速運転により、あおば通〜高城町間の所要時間が27分から22分に短縮されます。
○あおば通〜多賀城間の本数が現行の6本から、8本に増えます。(快速4本・普通4本)
※改正前は普通列車のみの6本(あおば通〜高城町)
○快速は1時間に1本を除きすべて高城町駅で3分以内に台巻台沼ラインの列車と接続します。

○2017年7月4日
明日のダイヤ改正より新幹線全駅のホームに喫煙ルームを設置します。
新幹線の待ち時間におタバコが吸えるようになりました。
空気清浄器付きで、快適におタバコが吸えます。

○2017年7月3日
2017年7月5日に台京新幹線でもダイヤ改正を行います。(東形新幹線は上りのみ修正)

概要は次の通りです。
○新愛称「はやぶさ」の大宮〜盛岡間の最高速度を330Km/hに速度向上し、所要時間の短縮を図ります。
東京〜仙台間:67分(△8分)/東京〜盛岡間:100分(△12分)/東京〜新青森:145分(△12分)
○盛岡発着の「やまびこ」を「はやて」に変更して、東京⇔古川〜新花巻間が5分短縮されます。
○深夜に東京発那須塩原行を設定し、那須塩原への終電が50分繰り下がります。
○早朝に那須塩原始発東京行を設定し、那須塩原からの初電が100分繰り上がります。
○一ノ関始発東京行を早朝に設定し、一ノ関〜古川間からの始発を30分繰り上げます。
○深夜帯の仙台止まりの列車1本を古川行に変更して、古川までの終電を57分繰り下げます。
○深夜帯の仙台止まりの列車1本を一ノ関行に変更して、くりこま高原・一ノ関の終電を30分繰り下げます。

ますます便利になった面城鉄道台京新幹線のご利用を心からお待ち申し上げます。

○2017年7月2日
2017年7月5日に古川線と台沼線でダイヤ改正を実施します。

概要は次のとおりです。
○台沼線(仙台〜小牛田間)と古川線に快速列車を設定して、所要時間の短縮を図ります。
○快速列車の設定により、仙台〜古川間の所要時間が10分短縮されます。(36分→26分へ)
○古川線直通列車の仙台発の初電が21分繰り上がります。(快速が初電)
これにより、古川駅に5時台に着けるようになります。
○古川発仙台行の終電が29分繰り下がります(快速)。
○このダイヤ改正により古川での滞在時間が50分長くなります。(快速利用)
○小牛田から柳津方面へ向かわれるお客様も、快速利用で小牛田で普通列車柳津行に接続し、
仙台〜柳津間も9分短縮されます(但し下りのみ)
○古川線の小牛田・古川駅の本数が、毎時1時間に2本となり、待ち時間が少なくなります。

ますます便利になった面城鉄道台沼線・古川線のご利用を心からお待ち申し上げます。

○2017年7月1日
2017年6月の当社線の売り上げが、5月の2倍に倍増し、黒字経営となりました。
これもひとえにお客様のおかげであることを感謝申し上げます。
今後も、サービス向上のため、努力していきたいと思いますので、
引き続きのご利用をお待ちしております。

○2017年6月28日
2017年6月中旬から下旬にかけて、最大限のサービス向上のため、
様々な改革に努めてまいりましたが、
ご利用者がほとんど伸びず、大赤字となってしまったため、2017年6月30日をもって、
台沼線の柳津〜気仙沼間の営業を終了することとなりました。
沿線の皆様には多大なご迷惑をおかけしますが、新しい事業者に移管しますので、
引き続きのご利用をお願い致します。

○2017年6月27日
6月30日に台巻台沼ライン(塩釜〜高城町)が開業します。
これに合わせ台巻線・台沼線でダイヤ改正をいたします。
概要は次の通りです。
仙台⇔高城町〜女川間運転の列車を台沼線塩釜駅経由とします。
それに伴い仙台⇔塩釜間が1時間あたり3本(区間快速1本・快速2本)増えます。
(当該列車は、塩釜から高城町を経て・石巻・女川方面(台巻線)に入ります
○仙台⇔石巻〜女川間の所要時間が現行の特別快速より1分短縮されます。
○仙台⇔高城町〜石巻間の特快通過駅の所要時間が短縮されます。
6分短縮(仙台⇔陸前小野〜陸前山下/快速通過駅)改正前の台巻線の区快との比較
5分短縮(仙台⇔高城町・野蒜)改正前の台巻線の快速との比較
5分短縮(仙台⇔手樽〜東名)改正前の台巻線の区快と比較
○仙台発女川行の初電が43分繰り上がります。
(これにより女川駅に6時台に着けるようになります
○あおば通〜高城町間各駅の本数が1時間に6本となります。
※台巻線は台巻台沼ライン開業に伴いあおば通〜高城町の区間運転となります。
※台巻台沼ラインの発車番線は台沼線ホームから発車します。
※車両は台巻台沼ラインが青帯車両で、台巻線(あおば通〜高城町)が赤帯車両となります。
特に高城町駅での乗り間違いにご注意ください。

ますます便利になった面城鉄道台形線のご利用を心からお待ち申し上げます。

○2017年6月22日
2017年6月25日に台形線でダイヤ改正を実施いたします。
概要は以下のとおりです。
特別快速の設定(停車駅:仙台・愛子・作並・山寺・山形)
○仙台〜山形間が最速28分運転に!(改正前は32分/快速)
○快速が東北福祉大前に増停車!
○仙台〜山形間の本数が毎時3本に!(改正前は毎時2本)
○山形〜面白山高原間の終電を30分繰り下げ。
○面白山高原〜山形間の初電を30分繰り上げ。
○全列車全区間で最高速度を150Km/h運転に!

ますます便利になった面城鉄道台形線のご利用を心からお待ち申し上げます。

○2017年6月20日
新幹線の新路線として「東形新幹線(読みは、とうがたしんかんせん)」(福島〜新庄)が
2017年6月25日に開業します!
それに伴い台京新幹線でも再びダイヤ改正を行います。

概要は以下の通りです。
○東形新幹線開業により、東京〜米沢・山形・新庄間を乗換なしで結びます。
○東京〜山形間は現行仙台乗換でしたが乗換が「0回」となり便利になります。
現行は、東京毎時0分ちょうどの「はやて号」で仙台に行き、台形線利用でしたが
東形新幹線開業で東京・上野・大宮から山形に行く選択肢が2つに。
東京6:00発の「はやて号」(仙台着7:15着)→7:22分発(台形線快速)→山形(7:56分着)
東京6:40発の「つばさ号」→山形(8:04着)

山形駅で仙台方面(台形線沿線の快速停車駅)から新庄駅へのアクセスもスムーズになります。
○所要時間の大幅な短縮(東京⇔山形間30分短縮/乗換時間含む)
東京→山形が1時間54分から1時間24分へ(△30分)
○東形新幹線開業による東京〜福島間(途中の宇都宮・郡山も)の運転本数が1時間あたり1本増えます。
○早朝の宇都宮発東京行「あおば号」を2本設定。
○深夜の東京発宇都宮行「あおば号」を2本設定。

ますます便利になった面城鉄道線のご利用を心からお待ち申し上げます。

○2017年6月19日
本日の台京新幹線の大幅なダイヤ変更に合わせ、割引切符の発売を始めました。
グリーン車連結による割引切符の発売を始めましたので、
是非割引切符のご利用をお待ちしております。

○2017年6月16日
2017年6月19日に台京新幹線でもダイヤ改正を実施します。

概要は以下の通りです。
○東京〜仙台間にやまびこ号を1時間あたり1本増発し、
東京〜大宮・宇都宮・郡山・福島・仙台のご利用が便利に。
東京〜仙台間は1時間に4本運転となります。(改正前は3本)
○新青森発東京行「はやて」の初電を5時15分発に。
(東京駅に7時52分に着き、8時前に東京駅に着けるようになります)
○抜本的な時刻変更有
○台京新幹線が8両編成から12両編成になります。(混雑緩和のため)

※台京新幹線各駅の終電や初電、時刻が大幅に変わりますのでご利用の方はご注意ください。
※はやて号は新青森発の初電が早くなるのみで時刻は従来と同じです。

○2017年6月14日
宮城地区5番目の路線として小牛田〜古川間に新線「古川線」が2017年6月19日に開業します!

なお、古川線は仙台〜小牛田間を台沼線の線路を使用して運行いたします。
それに伴い、台沼線のダイヤ改正を仙台〜小牛田間で行います。

概要は以下の通りです。
○品井沼発着の普通列車を古川発着に変更して、
 品井沼〜小牛田間の本数を毎時1本増発します。
○仙台〜塩釜間の普通列車の本数を毎時15分間隔に。
○上り列車の仙台到着時間を均等にします。

新線が開通し、ますます便利になった面城鉄道のご利用を心からお待ち申し上げます。

○2017年6月9日
2017年6月11日に台形線でダイヤ改正を実施します。
概要は次の通りです。

〇仙台〜作並間の区間快速通過駅から山形方面へのアクセスが便利に。
〇仙台〜愛子間の普通列車を1時間に3本から4本に(15分間隔)
〇普通列車の所要時間を仙台〜山形間で2分短縮。
〇ご利用の少ない愛子〜作並間の普通列車2本を仙台〜愛子までの運転に。
〇ご利用の少ない西仙台ハイランド駅・八ツ森駅を廃止。
〇区間快速を廃止。

※台形線各駅の終電や初電、時刻が大幅に変わりますのでご利用の方はご注意ください。

○2017年6月2日
6月5日から台沼線の主要駅ホームに待合室を設置し、使用を開始します。
冷暖房完備で過ごしやすい構造となっております。

最大限のサービス向上のため、2017年5月31日に様々な改革に努めてまいりましたが、
ご利用者がほとんど伸びず、大赤字となってしまったため、2017年6月5日をもって、
内新線と新京新幹線の営業を終了することとなりました。
沿線の皆様には多大なご迷惑をおかけしますが、新しい事業者に移管しますので、
引き続きのご利用をお願い致します。

○2017年5月29日
台沼線での着席機会の拡大と混雑緩和を目的として
5月31日から台沼線の列車の普通車を2両増結して5両編成で運転します。
対象となる列車は、台沼線の全ての列車となります。(普通列車・快速列車ともに)

新しいグリーン車のおトクな切符「グリーン料金2WAY切符」を新たに発売します!
定められた区間のグリーン車自由席が往復できる便利な切符です。
詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
※発売は、2017年5月31日となります。
お客様のご利用を心からお待ち申し上げます。

○2017年5月26日
内新線での着席機会の拡大と混雑緩和を目的として
5月31日から内新線の列車の普通車を2両増結して5両編成で運転します。
対象となる列車は、内新線の全ての列車となります。(普通列車・快速列車ともに)

○2017年5月25日
5月31日から岐愛線の主要駅ホームに待合室を設置し、使用を開始します。
冷暖房完備で過ごしやすい構造となっております。

○2017年5月24日
面城鉄道線全駅(新幹線を除く)のホームにグリーン券購入機(OMOCAでの購入限定)を設置いたします。
1回のお支払いでグリーン車事前料金より50円割引となります。
OMOCAでお得にグリーン車に乗車してみてはいかがでしょうか?
※サービス開始日は、2017年5月31日となります。

岐愛線におトクな切符を設定いたしました。(2017年5月24日〜)
本日から利用できる切符を多数用意いたしましたので、
是非面城鉄道岐愛線を使っておトクに旅をしませんか?

○2016年12月15日
2016年12月16日に台巻線陸前赤井〜蛇田間に新駅「石巻あゆみ野」駅を設置いたします。
それに伴い台巻線でダイヤ修正を実施いたします。
(上りの区間快速列車を時間修正・下りの区間快速の石巻あゆみ野〜石巻間のダイヤ修正)
新駅開業でますます便利になった面城鉄道台巻線を是非ご利用くださいませ。

○2016年11月19日
ついに台白線(読みはだいはくせん)の仙台〜白石間が11月22日に開業いたします。
本数は、仙台〜槻木間が10分間隔、槻木〜白石間が20分間隔となります。
路線拡大でますます便利になった面城鉄道を是非ご利用くださいませ。

○2016年11月14日
先日お知らせいたしました台白線(仙台〜白石間)ですが、
建設をすることが決まりましたので、お知らせいたします。
それに伴い、先行して所要時間のご案内と車両紹介を掲載いたしました。
所要時間は、仙台〜白石間が29分です。
開業まで今しばらくお待ちくださいませ。

○2016年11月8日
一度は、白紙になってしまった、台白線(仙台〜白石間)ですが、
先月の弊社の売り上げが好調だったため、再検討いたします。
最終的に建設するかどうかは、11月中旬に決定する計画です。
開業は本年12月〜来年1月中を目指しています。
諸計画がまとまり次第、お知らせいたします。

運行計画では、大まかなダイヤは、仙台〜岩沼間10分〜15分間隔、
岩沼〜白石間20分〜30分程度を見込んでいます。
編成両数は5両または7両を見込んでいます。(うちグリーン車1両)

○2016年5月3日
以前より、台巻線も混雑が激しく、特に平日の通勤ラッシュ時と土・日の混雑が著しいため、
5月10日より、普通車2両増結して、5両編成での運転を開始します。
対象となる列車は、普通列車・快速列車の全ての列車となります。

○2016年4月28日
2016年5月3日からプレミアOMOCAで普通列車(快速含む)グリーン車自由席に
何度でも無料で乗車できるようになります。
新しい特典が付いたプレミアOMOCA会員にぜひご入会ください。
詳しくは鉄道情報内のOMOCAのご案内をご覧ください。

これ以前のニュースはこちら

TOP